もぐネタ!

*

小林麻央、余命を悟り退院か?最新の病状がかなり深刻…。

   


小林麻央さんが5月29日に退院されたことをご自身のブログで発表しておりましたね!

今後は大切なご家族と一緒に過ごしつつ、在宅医療に切り替えていくものだと思われますが、1つ気がかりに思ったのが最新の病状についてです。

 

乳がんのステージ4で闘病生活を送っている小林麻央さんですが、直近では顎にもガンが転移していることが分かり、「余命が短いことを悟って退院されたのでは…」という意見もみられました。

決してそうでないことを信じたいのですが、依然として厳しい状況なのは変わっておりません。

 

今回は、小林麻央さんの退院の理由や現在の病状などについて考察を交えながら書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

小林麻央さんは余命を悟って退院されたのか…?

 

今回の退院の理由は果たして、小林麻央さん自身が「余命を悟ったから」なのでしょうか?

もしかしたら、それも理由の1つにあるかもしれません。

ですが、私が考える【本当の退院の理由】はそうではないと思うのです。

 

…確かに、ガン治療を本格的に目指しているのであれば、顎へのガンの転移が新たに見つかった時点で退院するというのは少し考えにくいです。

というのも、病状が回復してきている状況なら退院も納得できますが、ガンの転移が発見されたというのは、明らかに悪化していることになりますよね。

本来であれば転移したガンの治療のために継続して入院しているのが望ましいはずです。

 

ただ、それでも在宅医療に切り替えたいという麻央さんの強い思いがあったのでしょう。

その真意についてはご本人しか知り得ないものだと思いますが、おそらく【なるべく多くの時間をお子さんたちと一緒に過ごしたい】という思いが【本当の退院の理由】としてあったのではないか…と考えました。

 

小林麻央さんのオフィシャルブログ「KOKORO.」を読んで頂ければ分かりますが、麻央さんがそれまで入院されていた病室は子供との面会ができないところだった、とあります。(参照→KOKO.2017年5月5日より)

 

辛い闘病生活の中で麻央さんの精神的な支えとなっていたのが夫の海老蔵さんだけでなく、お子さんたちの存在も大きかったことを考えると、気軽に会えない環境というのは多少のストレスであったに違いありません。

麻央さんの余命が明らかになっている・いないに関わらず、「家族との素敵な思い出」を作るために退院されたと信じたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

最新の病状がかなり深刻という事実も…

 

小林麻央さんのブログでは、ご自身が辛い状況の中でも、できるだけ元気なご様子を発信し続けております。

そして、そんな前向きの姿勢から、私を含め多くの方に勇気や希望を与えて下さっております。

だからこそ、誰もが小林麻央さんの一刻も早い回復を待ち望んでいると思うのですが、現実はなかなか厳しいもので、これまでよりも病状が深刻になってきているという事実に変わりはなさそうです…。

 

ちなみにですが、最新の病状について分かっていることを簡単にまとめてみるだけでも、以下のことが挙げられます。

 

・ステージ4の若年性の乳がんで進行スピードが早く、肺や骨などにも転移している。

・息苦しさや息切れが続いている状態。

・5月、新たに顎に転移しているのが見つかり、痛みが強まる。

・鼻の中から出血する

 

…など、一部の症状を挙げただけでも、その深刻さが痛いほど伝わってきます。

また、新たに公開された写真も、個人的にはかなりショッキングな1枚でした。

 

→【小林麻央さんの退院時の画像

 

頭の上に可愛らしい花冠をのせた写真となっておりますが、どうしても気になってしまったのがお顔全体の骨格です。

入院される以前のお写真と見比べて頂ければ明らかですが、お顔の周りの脂肪が落ち、骨ばってしまっているのが分かります。

口紅をつけていらっしゃらなかったせいか、唇の色もやけに白く思えてしまいました…。

 

1日1日を懸命に頑張っていらっしゃる小林麻央さん。

今後もしばらくは予断を許さない、厳しい状況が続くと予想されます。

 

ほんの少しでも、ご体調が回復されることを願ってやみません…。

また以前のような元気なお姿を見られるその日まで、応援しております!

 

 

 

スポンサーリンク

 - 芸能・面白 , , , , ,