もぐネタ!

*

大曲花火大会2017年夏は中止か?周辺状況やプログラム、天気について!

      2017/09/20

毎年70万人以上の観客が訪れる、秋田県の大曲花火大会

2017年夏も多くの人たちがこの大会を心待ちにしていると思われますが、会場に隣接している雄物川が氾濫してしまった影響で、開催1日前にあたる現在も会場が冠水しているという状況です。

一部の人からは「中止になるのでは?」との声も聞こえますが、最終的にどうなるのでしょうか?

 

今回は大会当日の開催可否についてや当日のプログラム、周辺の天気についても調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

大曲花火大会2017年夏は中止か?

 

結論から書きますと、大曲花火大会を開催するか中止にするかの最終決定は、明日8月26日の午前6時の段階で公式HPより発表されるとのことです。

→【全国花火競技大会 公式HP

仮に、通常通り開催された場合のプログラムは、以下のようになります。

 

 

第91回全国花火競技大会「大曲の花火」

【日程】2017年8月26日(土)

【時間】17:30~18:15(昼花火の部)

    18:50~21:30(夜花火の部)

【場所】秋田県大仙市 雄物川右岸河川敷(大曲花火大橋下流)

 

ただ、現在の会場の様子を見たところ、本日の夜まで復旧作業をしてギリギリ間に合うかどうか…といったところでしょうか。

というのも、会場付近の写真がかなりすごいことになっているのです。

 

大曲花火大会2017年夏の会場付近の状況

 

現在の大曲花火大会の会場付近の状況としては、雄物川が氾濫してしまった影響で全体的に水浸しになってしまっております。

もはや田んぼ状態…。

 

大会の運営側が急ピッチで復旧作業を進めているとのことでしたが、当日(26日)までに水が引くかどうかが鍵になってくる感じですね。

 

 

また、仮に水が引いたとしても、当日の足場環境のことを考えると下駄ではなく長靴で行かれたほうが良いかもしれません。

 

多少、不格好になったしまうかもしれませんが、足元が泥だらけになるよりかは断然マシだと思います。

あとは、シートなど地面の下に敷くものは必ず持参されたほうが良いですね!

 

 

スポンサーリンク

 

大曲花火大会、開催当日の天気について

 

周辺の天気情報について調べてみたところ、25日、26日と続いて天候には恵まれているとされておりました。

開催当日も雨の心配は無いとのことだったので、会場の状況も回復に向かうだろうとされております。

あとは、当日までに会場の復旧作業が間に合うかどうか…ですね。

 

仮に復旧作業が間に合ったとしても、会場のコンディションによって打ち上げる花火の安全性が確保できない場合、中止になってしまうことも考えられます。

またそれとは別に、現時点(8月25日16時30分現在)で中止の発表はされていないことから、復旧作業の進捗状況次第で開催できるとみることもできます。

 

皆さんが心待ちにしている花火大会なだけに、開催されることを祈るばかりです。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

 - 趣味・雑記 , , , , ,