もぐネタ!

*

韓国、慰安婦問題で合意したが慰安婦像は増設!海外の反応は?

      2017/01/07


こんにちは。

もぐネタ管理人のもぐもぐらです。

 

今日は、韓国が慰安婦問題で合意をしたのにも関わらず、合意の条件であった「慰安婦像の撤去」に応じるどころか、逆に韓国内により多くの慰安婦像を増設するという事態を引き起こしている状況について書いていきたいと思います。

 

また、この問題に対する海外の反応についても、記事の最後のほうで紹介していきたいと思いますので、覗いていってもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも、日韓合意の内容はどういうものだったか?

 

まず、この日韓合意で提唱された内容を再確認しておくと、

 

日本側(岸田外務大臣)の声明では、

 

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。

 安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

 

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

 

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。

 あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

引用元:外務省HP

 

…とあり、以上を簡潔にまとめますと、

 

  • 安倍晋三首相が慰安婦の方々に対し、「心からおわびと反省の気持ちを表明する

 

  • 韓国政府が設立した財団に日本政府が「資金(10億円)を拠出する

 

  • 上記2を実施することを前提にこの問題を「最終的かつ不可逆的に解決されたとする」         また、日本と韓国は国際社会について、この問題についての非難や批判は控える(が、禁止事項ではない。)

 

…ということになる。

 

これだけだと、圧倒的に日本の条件のほうが不利に思えるが、3つ目の「最終的かつ不可逆的に解決」という文言の意味はやはり大きく、韓国お得意の「蒸し返し」をさせない狙いがある

(とはいっても、やられそうですが…。)

 

 

 

一方、韓国側(尹(ユン)外交部長官)の声明は(1)、 (3)において「最終的かつ不可逆的に解決」、「国際社会で本問題についての非難・批判を控える」としている一方、(2)においては、

 

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。 

引用元:外務省HP

 

 

…とあり、在韓国日本大使館の前の少女像(=慰安婦像)に対し適切に解決されるように努力する」と発表している。

 

 

慰安婦像

画像引用:http://www.zakzak.co.jp/society/politics/photos/20160107/plt1601071534002-p1.htm

 

まぁ、撤去自体は努力目標に過ぎないかもしれないが、両国の政府が世界に向けて発信した情報であるだけに、ただ「努力してみたのですが、撤去どころか移設もできませんでした…」となると、筋が通らない上に世界からもバッシングされることは必死であると思えますね。

 

ただ、今の韓国内の状況を見てみると、どうやら撤去・移設とは真逆の運動が起こっているみたいです!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

慰安婦像を韓国内に増設?韓国世論からは合意の破棄の可能性も?

 

 

国家間で合意を果たしたとしても、「政府は民間を強制することはできない」として、勢いづくのが韓国市民。

 

その中でも特に厄介なのが、市民団体でありながら慰安婦問題において絶対的な権力を持つ韓国挺身隊問題対策協議会(略称:挺対協〔ていたいきょう〕)の存在だ。

 

 

この団体は、1990年に結成された団体なのだが、今までに韓国の日本大使館前の公道に無断で慰安婦像を設置したり、世界各国に慰安婦の像や碑を設置するなど、国内外問わず広く広報活動を続けている。

 

 

そして今回の日韓合意に関しても、「被害者や国民を裏切る外交的談合だ」と反発し、今後も像や碑を設置することで国内外に呼びかけていくという意見を示した、と言われております。

 

 

個人的な意見としては、日韓合意の後に活動を強めたとしても、「最終的に解決したのに、約束も守れないんだね。」と世界から批判を集めるだけだと思うのですけどねぇ…。

 

まぁ、勝手に自滅してくれる分には願ったりかなったりなんですが(*^^*)

 

 

さて、そんな挺対協の皆さんですが、韓国の日刊紙である中央日報によると、2016年1月6日には石膏で作った新しい元慰安婦女性像を公開したそうですね。

正直なところ、これに関しては呆れて何もいえません…。

 

慰安婦像画像引用:http://japanese.joins.com/photo/784/1/148784.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jplarticlelpicture

 

 

また、挺対協のみならず、韓国内の世論も今回の合意に関しては厳しい意見が目立つようですね。

 

上記の中央日報が2015年12月29~30日に行った世論調査によると、今回の合意結果に「不満足」と回答した人が57%だったのに対し、「満足」と回答した人は36%で不満足が多く上回ったそうです。

 

また、日本政府が資金拠出の前提条件としている、「慰安婦像の移転」についての問いでは70%以上の人が否定的な回答であったことから、韓国政府が「相当の努力」を果たさない限り移転は厳しく、合意した内容が履行されない可能性が高いのではないかと個人的に思えました。

 

 

ただ、今回の日韓合意の裏にはアメリカの後ろ盾もあるので、合意内容がひっくり返されること自体はないと思いますが、相手が韓国であるだけに「石橋を叩いて渡る」ぐらいの慎重さを持って対応しなくてはいけないのは、言うまでもないですねよね。

 

 

海外の反応について

 

欧州や米国からの意見は、日韓合意の「蒸し返し」を懸念する声も一部あるが、概ね日本側の対応に関しては評価されているように見受けられます。

 

しかし、アジアの周辺諸国の反応はまちまちです。

 

 

その中でも、今回の日韓合意を受けて態度を急変させたのが台湾

 

 

「なぜ、台湾が?」とお思いになられる方もいらっしゃると思うので確認しておくと、慰安婦問題は日韓だけの問題ではなく、他の周辺国(台湾、オランダ、フィリピン、インドネシアなど)の間でも存在する問題なのです。

 

 

ただ、他の周辺国に関しては、第二次世界大戦後の戦後賠償協定で問題は決着しているとしているため、今までは沈静化していたのが現状だった。

 

 

しかしながら、今まで韓国に関しても「問題は解決済みだ」としてきた日本政府が、10億円も拠出する対応を見せたことから、問題を抱える周辺国が態度を変えてくるのもおかしい話ではないですよね。

 

 

12月29日の毎日新聞によれば、その周辺国の中で真っ先に態度を変えてきたのが台湾であると報じています。

 

また、今後の対応として、台湾総統府は

 

「日本政府の行動を評価する。(台湾は)一貫して日本側に慰安婦に対する正式な謝罪と賠償を要求してきた。この揺るぎない立場で日本との交渉を求めていく」との報道官談話を発表した。外交部(外務省)は同日、台湾の駐日機関「台北駐日経済文化代表処」に対し、台湾の元慰安婦にも謝罪と賠償を行うよう日本側に求めることを命じたと明らかにした。

引用元:毎日新聞

 

台湾といえば、親日国的なイメージがありましたが、それが終わるのも時間の問題かもしれませんね。

 

個人的な意見なのですが、台湾には良いイメージが強かったので…少し残念に思いました

 

 

最後まで駄文を読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

・2017年1月7日追記

 

韓国政府が予想通り、日韓合意後も慰安婦像を撤去せず、挙句の宛に日韓合意の破棄を唱えてきたことに関して新しく記事を書きました。

 

よろしければ、見ていただけると嬉しいです。

→『韓国が慰安婦像を撤去しない理由!日韓合意を破棄する意向か?

 

スポンサーリンク

 - 社会・経済 , , , ,