もぐネタ!

*

韓国崩壊!サムスン副会長逮捕で経済危機は近い!最新ニュース

   


 

韓国崩壊に関する最新ニュース(2017年1月現在)について、まとめてみました。

 

今回は「サムスン副会長の逮捕後の韓国経済の変化」と「2017年に韓国が崩壊する可能性」、加えて「韓国が現在置かれている状況(諸外国との関係)」について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

はじめに

 

 

韓国とは慰安婦問題や竹島の領土問題など腹立たしい問題が数多くありますが、その中でも興味深いニュースが飛び込んできました。

 

それは、サムソングループの事実上トップである李在鎔(イ・ヨンジュン)副会長に逮捕状が請求された、というニュースです。

 

朴槿恵大統領の友人の国政介入事件にあたり、贈賄の疑いで関与していたとされていますが、これがもし本当であるならば韓国崩壊の可能性は一気に高まる事になります。

 

 

それでは、その詳細についてご紹介していきます♪(*^^*)

 

 

サムスン副会長逮捕で韓国経済はボロボロ?今後の経済は?

 

韓国経済危機

 

 

韓国を代表する財閥の1つ、サムスン。

 

数多くのグループ会社を抱え、今や韓国GDPの約2割を占めるなど韓国経済に大きく貢献しております。

 

 

では、そんな大企業の実質経営者トップが贈賄の容疑で逮捕されたらどうなるのか?

 

 

企業としての信用失墜はもちろん、関連企業への輸出・輸入の低下ブランドイメージの低下、消費者の「サムスン離れ」が予想されますよね。

 

 

また、同社は2016年8月に販売された新型スマホ「ギャラクシーノート7」にて、バッテリーから発火する事故を引き起こしており、今後の信用回復に努めたい時期に続けてのスキャンダルとなります。

 

 

今回の逮捕をきっかけにサムスングループの業績が悪化することを考えると、それに依存する韓国経済も悪化するのは必然ですね。

 

 

2017年は韓国の経済がボロボロになる年になりそうです!

 

 

 

2017年に韓国が崩壊する可能性について

 

 

 

こちらの項目については、以前の記事で紹介しておりますので、そちらをご参照下さい!(*^^*)

 

→【韓国崩壊はいつ?2017年に経済危機に陥るシナリオがヤバい!

 

 

 

一応、簡単に要約いたしますと、

 

・2017年から5年以内には、崩壊の可能性が十分ある

韓国の抱える問題が崩壊につながる。

・問題1.韓国財閥の不振

(韓国の海運大手であった韓進海運の経営破綻(韓進グループ)、サムスンの業績不振)

・問題2.韓国若年層の失業率が過去最高(2016年7月)

(韓国全体の失業率が3.6%に対し、若年層が約10%)

・問題3.国内自殺者数がOECD加盟国の中でトップ

(理由として、不況や就職難・貧困などの割合が多い)

・問題4.外国人観光客の減少

(中国人観光客の爆買い恩恵も以前に比べて少なくなった)

・問題5.諸外国との関係悪化

(日本だけではなく、中国からも嫌われる)

 

 

といったところでしょうか。

 

なお、この問題に関連付けて、「国交断絶するべきだ!」などの声もありましたが、それについて私は日本側の方にデメリットが大きいと考えているので、もうちょっと違うアプローチの報復措置をとるのがベストだと思っております。

 

 

次に紹介する記事の後半「今後日本が取るべき行動とは?」にて説明しております。

ご参照していただけたら幸いです。

 

→【日本と韓国が国交断絶した場合、メリットとデメリットはどちらの方が大きいか?

 

 

そんな韓国が現在置かれてている状況とはどういったものでしょうか?

調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

韓国が現在置かれている状況(諸外国との関係)とは?

 

韓国嫌い

 

 

釜山にある日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題に際して、これまで以上に関係が冷えきった日本と韓国。

 

一度、国のトップ同士が合意した約束を一方的に破るような民族が、他の国と問題を起こさないわけがありません。

 

 

そして現在、韓国は日本だけではなく、アメリカ・中国からも嫌われています

 

 

その理由として、アメリカからは、日韓合意の仲介役となった立場上、今回の問題の「蒸し返し」による苛立ちから

 

中国からは、韓国国内に配備されることが決定した米軍の弾道弾迎撃ミサイル「THAAD(サード)ミサイル」に対する報復措置として

 

 

韓国にとって、貿易相手国上位3位にくるアメリカ・中国・日本との関係をここまで悪化させてしまったのは、自分で自分の首を絞めていると言っても過言ではないですね。

 

 

さらに言えば、隣国である北朝鮮との関係も最悪のままです。

 

 

韓国が現在置かれている状況を一言で表すとすれば、まさに【四面楚歌】かもしれません。

 

もしこの先、諸外国との関係が改善しないまま韓国が経済危機にでも陥ったら、どうなるのでしょうか?

 

 

残念ながら、どこの国も救いの手を差し伸べてはくれないと思いますね。

 

 

その来るべき「Xデー」は、恐らくそう遠くない未来でしょう。

その日まで、今後も韓国に対しては毅然とした態度で接するのがベストですね。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 社会・経済 , , , , , ,