もぐネタ!

*

【けものフレンズ】第8話のPPP(ペパプ)で荒れる予感?放送前の考察!

   

 

次回「けものフレンズ」第8話でついにPPP(ペパプ)が本編に登場いたしますね!

まだ放送前ですが、先読み考察されている方の中で「第8話で荒れる可能性」を示唆している意見があったので、今回はその紹介と自分の考察について書いていきたいと思います。

 

自分は「荒れる」なんてことはないと思うんですけどね…。

どのような意見だったのか気になってみたので、ちょっと調べてみました。

 

では、いってみましょ!

うー!がぉー!(「・ω・」「

 

 

スポンサーリンク

 

なぜ第8話で荒れる可能性が?意見の紹介!

 

 pepapu引用: http://tn-skr4.smilevideo.jp/smile?i=30616639.L

 

 

ペンギン可愛いから良いじゃん!それにまだ放送もされてないのに、荒れるというのはちょっと分からないな…」というのが、自分の率直な意見です。

 

 

そこで「荒れる可能性の意見」とは、どういったものだったのでしょうか?

例を上げてみると、こんな感じでした。

 

“以前からPPPによる次回予告が作品の汚点として批判されていた。それが第8話で本編にも出てきて、その後の次回予告も担当するとなると納得がいかない。”

 

という意見と、

 

“今までの世界観が壊れてしまう。”

 

という意見がありました。

 

前者のPPPの次回予告に関していえば、そのグダグダ感が「けものフレンズ」らしくていいなぁ~っと思っていたのですが、批判的な意見もあったんですね。

これにはちょっと意外でした。

 

…まぁ、仮にそうだったとしても、ですよ!

 

元々PPPのアンチだった方はしょうがないとして、本編に1話ぐらい出てきても良いんじゃないかと私は思うんです。

 

というのも、設定としては【ジャパリパーク内におけるアイドル的な存在】であるわけですし、彼女たちもフレンズ化する前は【動物】ですよね。

 

立ち位置としては、〇〇動物園で1番人気の看板娘「☆☆ちゃん(動物)」というカンジではないでしょうか。

 

そう考えると普通の動物園でも有り得そうな話ですし、登場させることや存在自体には何ら問題が無いと思われます。

 

となると、残るは世界観についてですね。

 

第8話が「ぺぱぷらいぶ」ということで、彼女たちがギターとかベースとかピアノを巧みに演奏しはじめたら「え…?ちょっと…。」となりそうですが、歌を歌っている分には全然セーフだと思います。

 

思い返して頂きたいのが、第3話でトキちゃんが自作の歌(?)を歌っていたシーンです。

歌うだけであるならば、その延長線上だと考えられますよね。

 

 

ただ、こればっかりはどうしても解決できない1番の疑問があります。

 

次回予告にて「ライブの記者会見中に~」という文言があるのですが、これだけがどうにも謎です。

 

テレビや新聞などの情報媒体以前に、文字という概念を基本持っていないフレンズたち(ただし、7話の博士と助手は除く)にとって「記者会見」という言葉は違和感に思えます。

 

 

仮にフレンズの中で「情報屋さん」として有名な動物がいたとして、その動物がPPPに質問しているところを「記者会見」と称していればなんとなーく納得できそうですが。

 

いきなりカメラで「パシャ」とか、ビデオカメラで「ジーッ」なんてやられてしまったら、それこそ「世界観」は崩壊してしまうでしょう。(過去に博士から道具の使い方を教わっていたとしても、テレビや文字の概念が無ければ無意味なので。)

 

これに関しては、本編を見てみるまで分からないので保留としておきますね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

個人的な考察としては、第8話もいつも通り楽しめる内容だと思われます!

 

「荒れる」という火種に関しては、放送されたあとには消えているでしょう。

逆に、PPPのファンが増えて終わりそうな予感がします。

 

内容については、PPP(ペパプ)が【ジャパリパーク内のアイドル】であったことを考慮すると、かつて彼女たちに会うことを目的に来ていた【ヒト】がいたんじゃないか…?

もしくは、【ヒトに関する何らかの情報】を持っているのではないか…と考えられます。

 

そして第9話や10話に繋げてくるといった展開ではないでしょうか?

 

次回第8話もどうなるか楽しみですね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!

 

 

スポンサーリンク

 - 趣味・雑記 , , , , ,