もぐネタ!

*

M-1グランプリ2015の出場者の詳細と見どころは?優勝を予想!

      2015/11/26

こんばんは!もぐもぐらです(^^)

今年も残すところあと1ヶ月となり、これから年末にかけて、忙しくなってくると同時に番組も面白くなってくる季節ですね。

さてさて!今年からM-1グランプリが復活するとのことで、その出場者と見どころを紹介し、そして誰が優勝するのか予想してみました!

スポンサーリンク

 

 

M-1グランプリ2015年の出場者と見どころ!

 

番組公式HPによると、今年の出場者とネタ披露順は

 

1            メイプル超合金(結成3年目)
2            馬鹿よ貴方は(結成7年目)
3            スーパーマラドーナ(結成12年目)
4            和牛(結成9年目)
5            ジャルジャル(結成12年目)
6            銀シャリ(結成10年目)
7            ハライチ(結成10年目)
8            タイムマシーン3号(結成15年目)
9      敗者復活枠

 

となっております!各芸人さんの見どころを順に紹介していきます(*^_^*)

 1:メイプル超合金

 

体重130kgもある通称【女装した冷蔵庫】と呼ばれる安藤なつさんと、体脂肪率10%以下の【金髪マッスル野郎】のカズレーザーさんの漫才コンビです。

この芸人さん方は、お二人の印象がとっても強く、漫才のネタもカズさんの「まぁまぁ、マトモな話が通じる相手じゃないんだから!」というスタンスのもと繰り出されるボケに安藤さんがツッコむというカンジです(笑)

また、ネタの最後に

 

「こんなに滅茶苦茶にしてどう思ってんだよ」(安藤)「手ごたえあり!」(カズレーザー)「もういや~! ハイ」(安藤)「ブパパブパパブパパ~!」(二人で。元となっているのは「ドリフ大爆笑」のオチの音楽)と言った後、カズレーザーがしばらく話をして「現場からは以上です」(カズレーザー)「どうもありがとうございましたー」(安藤)で締める、と言うパターンが主となっている。引用:ウィキペディア

 

…だそうです(^^)

ドリフのオチの音楽は分かりませんでしたが、このような前提知識を持って見てみると、より一層楽しめそうですよね。

結成3年目ながらにして、勢い溢れる芸人さんだと思います!

 

 

2:馬鹿よ貴方は

 

いかにも童貞フェイスな【もやし君】イメージの新道 竜巳さんと、本物の童貞らしい【インチキ外国人】イメージの平井 光さんによる漫才コンビです。

この芸人さんは平井さんのイメージがとても強く、それを一言で表すとしたら、「何を考えているのか分からない」というカンジ。彼の趣味からも伺えるように、古代エジプト考古学やアンティーク家具集めと、容姿だけではなく趣味からも独特なオーラを放っている人ですね。

 

 

漫才ネタでは店員と客などを題材に、平井さんが淡々とボケて新道さんがツッコむというスタンスで進めていきます。ネタの中には必ず一回、サイレントの間があり、ソコをうまく使えるかが勝負どころだと思いました。

THE MANZAI2014にて、認定漫才師となった過去を持ち、今回の優勝候補のダークホースとして注目を集めていますね。

 

 3:スーパーマラドーナ

【最弱の田中】の異名を持ついじめられっ子キャラの田中 一彦さんと、【元暴走族】のいじめっ子キャラの武智 正剛さんによる漫才コンビ。

この芸人さんは、コンビとしては珍しく、上下関係がはっきりしている人たち。

田中さんは舞台から立ち位置に着くまで、3回お辞儀するという、あるあるが存在します(笑)

 

漫才ネタに関しては、ボケの田中さんの体験談(?)に沿ってお話が進んでいき、それに対して武智さんがツッコむというスタンスですね。この体験談を再現する際に田中さんが、女性役と男性役の両方を演じるのですが、そこは見どころかも(^^)

実力派だと思いますが、ツッコミに対してボケは被してこない(対応しない)ので、少し爆発力に欠けるという感じでしょうか。

 

 

 4:和牛

 

意外にも、芸能界屈指の【料理名人】の一面を持つである水田 信二さんと、人が良さそうな【サラリーマンな感じ】の川西 賢志郎さんによるコンビ芸人。

 

漫才ネタは、ボケの水田さんの極端に理屈っぽい主張に川西さんが翻弄される漫才が中心。

見る人によっては、水田さんの理屈っぽいところにイラッとしてしまう方もいらっしゃるかもしれない。(私はそのタイプでした。)

 

 

ただ、THE MANZAI 2014にて、決勝に進出した過去があるなど、実力は高いですね。

GYAO!の動画サイトにて、準々決勝のネタを視聴することができますが、それはとても面白かったです(^^)

スポンサーリンク

 

 5:ジャルジャル

 

見た目のインパクトさはどちらもなく、どっちがどっち?と【やや見分けづらい】後藤 淳平さんと、福徳 秀介さんによるコンビ芸人。

前髪がヘルメットっぽい方のほうが後藤さんと覚えておけば、見分けやすいですかね?

 

普段のネタは主にコントなので、漫才はちょっとパターン化している感じ。

漫才の内容としては、お互いの少しおかしな所を交互に指摘していく漫才スタイルです。

 

果たして、コント中心だった彼らが見せてくれる漫才は、本番でパターン化の印象を克服することができるのか?が見どころですね!

 

 6:銀シャリ

 

宇宙とカルピスが好きという可愛い一面のほか、風俗も好きという【エロカワ系・苗字珍しい芸能人】の鰻 和弘(うなぎ かずひろ)さんと、【おでんくんの実写版】と言われている橋本 直さんとのコンビ芸人。

 

漫才ネタは、昔ながらの漫才スタイルである「しゃべくり漫才」ですね!

鰻さんがボケまくり、橋本さんがそれに対してツッコむという、ベテランさんが年越し後に披露してくれるようなしっかりとした漫才が持ち味です。

ターゲット層としては、中高年よりも、少しお年を召した方むけかなぁと勝手ながら思いました。

決勝で扱うネタによって優勝候補からの可能性が大きく変わる、芸人さんだと思っております。

 

 7:ハライチ

 

ネタ中につい横を向いて笑ってしまう、自他ともに認める【アニオタ】の岩井 勇気さんと、坊主頭が特徴の【お人好しな性格】の澤部 佑さんによるコンビ芸人。

 

漫才ネタは、「ノリボケ漫才」と言われ、岩井さんのボケに対して澤部さんはツッコまずにノッていき、最後までボケ倒すという感じですね。

ツッコミがツッコまずに、ボケに同調するスタイルの漫才は、ハライチ独特の世界観をかもし出していると思えます(^^)

 

 8:タイムマシーン3号

 

backnumberの清水依与吏に似ているほうと言われ、観葉植物マニアで特技がけん玉の山本 浩司さんと、秋元康に似ている方と言われ、絵心がある芸人で趣味がダーツの関 太さんによるコンビ芸人。

 

漫才だけではなく、コントも得意としており、そのスタイルはとても多様に富んでいます!

本人たち曰く、パターンに陥ることを良しとしていないから、らしいです。

そのためか、実力は高くTHE MANZAI 2012では認定漫才師50組に選ばれた過去がある。

 

多彩な漫才を持っているだけに、決勝にてどのようなネタを披露してもらえるのか、楽しみですね!

 

※敗者復活枠については、分かり次第追記したいと思います!

 

 

優勝はズバリ、誰?予想してみました!

 

個人的な偏見に基づいて発表させていただきますが、優勝するのは【タイムマシーン3号】だと思いました。理由といたしましては、出場者の中で一番長く活動されていらっしゃる分、経験の差があることと、パターン化しないほどのネタをお持ちになられているからです。

また、決勝戦まで勝ち上がってきた他の芸人さんよりも、安定しているかなぁと思えた点があげられます。

以下2位と3位の予想ですが、順に【ハライチ】と【敗者復活枠】が来そうな感じがします!

ハライチは個人的に好きな点で、敗者復活枠は上位に入るイメージが強いので選びました。

 

 

結果はどうなるか!?M-1グランプリ2015は12月6日18時30分から放送です!!

 

ご都合が合えば、ぜひ見てみてください🎵(*´ω`*)

 

 

スポンサーリンク

 - 芸能・面白