もぐネタ!

*

仕事が辛い、辞めたい時にうつにならないための3つのアドバイス

   

 

こんにちは!

 

管理人のもぐもぐらです。

 

 

久々の更新になってしまい、誠に申し訳ございません。

 

少し私のことをお話しさせていただきますと、

今年の4月から新入社員として働き始めたのですが、

もう辛いことばっかりでして…。

 

 

右も左も分からない状態で入社して、ロクな研修も無しに現場配属され、

分からないなりに一生懸命取り組んだとしても、結局は怒られる毎日…。

 

 

正直なところ最初の1ヶ月間で「あ…これ、本当にうつになっちゃいそう…。」

と本気で思いました。

 

 

それでも、なんとか耐えぬいて今日で2ヶ月ちょっとになります。

今回は、自分が実践していた【仕事が辛い、辞めたい時に鬱にならないための対処法】を

ご紹介させていただきます。

 

 

…と、その前に。

 

一般的に皆さんが仕事を辞めたいと感じる時の主な原因として

どのようなことがあげられるか、お気になりませんでしょうか?

 

 

対処法のお話をさせていただく前に、サラッとですが

皆さんが本気で仕事を辞めたいと思う主な理由について

まとめてみたのでご参照ください。

 

 

皆さんが「仕事を辞める!」と本気で思う時の理由とは?TOP3

 仕事、辞めたい

 

 

自分なりにネットの海を泳ぎまわり、様々なサイトを拝見させていただいたのですが、

一番ダントツで多かった理由が【人間関係】でした。

 

 

「上司に理不尽な理由で怒られ続けて…。」

「周りの人たちと全く意見が合わず、相談できる環境がなかった。」

 

その他にも、

「パワハラやセクハラがひどい。」

「社内イジメにあってしまって…。」

 

など、ネットの海はこんな痛々しいお言葉で溢れかえっておりました。

つらいお気持ちが本当によくわかります…。

 

自分もなにかをすれば上司に怒られ、価値観の合う同期も周りにいませんでしたから。

 

どうしていいのかわからない、八方塞がりな毎日を送っていました。

 

 

続いて2番目と3番目の理由ですが、こちらも数は多かったです。

2番目が【給料が低い】、3番目が【休みが少ない】でした。

 

 

この2つの理由としては働く上でどちらを重視するかによって、変わってくるとは思いますが、

「給料が低くて、休みも少ない」という理由で退職なされた方も中にはいらっしゃっいました。

 

 

そのような場合には、あまり悩まずにスパっと転職を考えたほうがいいかもしれませんね。

 

 

今の会社に居ることでなんのメリットが有るか?を考えた時に、

健康を損なうぐらい働いてもお給料が低いとあれば、モチベーションも上がりませんし、

精神面・健康面でもよろしくありませんから。

 

 

ただ、これだけは強調しておきたいことなのですが、

どこの会社に転職したところでも嫌な人はいると思いますし、辛い部分もあると思います。

 

そして、そういった避けられない・どうしようもない場面に出くわした時の対処法について

これから説明させていただきたいと思います。

 

 

 

 

対処法① 【究極のプラス思考】を身に付ける!(まずは、自信を持つことから)

 

 頑張る

 

 

 

自分が「仕事、嫌だなぁ…」と思う理由の一つに、【自分を完全否定される】ことが挙げられます。

 

 

嫌味な上司から」、

「使えないやつだな」

「いつになったら、できるようになるんだ?」

「やる気あるの?遅すぎる」

…なんて、言われたことありませんか?

 

私はしょっちゅう言われております(笑)

 

 

そんなことを言われ続けていたら、そのうち【自分はできない人間なんだ…】って思うようになってしまいますよね。

 

 

だからこそ、もっと自分に自信を持つようにしてください!

正直、私のように他人に自慢できるようなものを何も持っていない人でも、

根拠の無い自信】を持つことはできます(笑)

 

最初は、本当にそれだけでもいいんです。

 

 

では、なぜ自信を持つことが大事になるのか?というと、自信を持たないと

【行動】ができなくなってしまいますし、何より【精神的不安】に陥ってしますからです。

 

そして、不思議な事に【根拠の無い自信】でも持っているのと持っていないのでは、大きな差が出てきます。

 

 

例え話ですが、「この仕事は今の自分だったらできるはず!」と思って取り組むのと、

「いや…もう無理でしょ…。これ120%終わらなさそうだし、また怒られるかも…。」と思って取り組むのでは、

どちらがやり遂げられる可能性が高いかと考えた時、やっぱり前者のほうができそうですよね。

 

 

 

仮に失敗してしまったとしても、その出来事を通して【経験】や【知識】が得られるのですから、

恐れることや心配することなんて実際のところあんまりないんですよ。

 

 

だからこそ、まずは【自信を持つこと】から!

 

そこから、最終的には【究極のプラス思考】を身につけられるように、ちょっとずつでも変わっていければ、

今まで見えなかった楽しい部分も見えるようになってくるはずです!

 

 

 

そして、安心してください。

 

このサイトを訪れてきてくださった時点で、

あなたはもう昔の自分ではないんですから

 

 

対処法② キツイ言葉なんて特に気にしない!(BGMの雰囲気で)

 

 

 

自分にとってキツイ言葉…。

 

なにか言葉のクッションの一つでもあればいいのですが、そこまで配慮ができない人間は残念ながら沢山います。

 

 

頭ごなしに怒鳴る人もいれば、冷静沈着に「もうやる気が無いなら辞めたら?」と嫌味を言ってくる人もいますね。

 

そういう時の対処法としては、至って単純明快で、気にしなければいいんです。

 

間違いやミスをしてしまった…という事実は受け止めなければいけませんが、何も文句や嫌味までも受け止める必要なんて全く無いです。

 

 

逆に脳内変換で【合いの手】をいれてやりましょう!!

 

 

例えば、

「どうしてくれるんだ!お前のせいで、全体に迷惑がかかっているんだぞ!

こんな初歩的なこともできないようなら、仕事なんて辞めろ!

お前の代わりなんていくらでもいるし、どうせ、いてもいなくても大して変わらないだろ?」

 

 

なんて言葉を言われたとしましょう(相当嫌なやつですよね)

 

 

これに合いの手を入れると

 

「(HEY!)どうしてくれるんだ!(YO!)

お前のせいで、全体に迷惑(先輩の誘惑!)がかかっているんだぞ!(具体的に?)

こんな(どんな?)初歩的なこともできないようなら(ならば?)、仕事なんて辞めろ!(喜んで!)

お前の代わり(腐った上司)なんてイクラでもいるし(鮭の卵)、

どうせ、いてもいなくても大して変わらないだろ?(そっくりそのままお返しするよ( ´∀`)bグッ!)」

 

 

合いの手にセンスの欠片もないですが、やらせていただきました

 

自分は、ミスをしてしまった事実だけを受け止めて、説教・嫌味に関しては聞いてるふりをして、BGM化しています。

上長の説教CDが作れそうな勢いです笑)

 

 

 

本当に気にしないことが大事です。

クソみたいな言葉をそのまま受け止めてしまうと、健全な人でも精神の方が先にやられてしまいますから。

 

 

 

対処法③ 日常に軽い運動を取り入れてみる!(まずは休日の散歩など)

 

 自然

 

 

 

 

 

仕事が忙しい日々を送っていと、休日は時間を気にすることなくのんびり過ごしたいと思いますよね?

 

 

ですけれども、普段体を動かす機会が少ない人は特になんですが、

ずーっとダラーッと過ごしているだけだと逆に疲れが溜まったりするんですよ…。

 

 

なので、自分は今まで体を動かすのが嫌いな人間だったのですが、

最近では休日にちょっとだけ散歩する習慣をつけました。

 

 

そうしたことで何が変わったのかというと、休日の時間を効率的に使えるようになりました。

体を少しでも動かすことを習慣化することで、「このあとはこれとこれをしようかな、あ!あれもしてみたいと思ってたんだ!」

って考えて行動することができるようになりましたし、何よりも時間の無駄が減ったような気がします。

 

 

散歩でしたら、歩いている間に考え事とかも整理できますしね!

 

 

今までの日常のちょっとしたところから変えていくだけでも、十分効果はあると思いますよ!!

 

 

 

 

まとめ

 

長くなってしまいましたが、私が思う対処法の重要なポイントをまとめると、

 

 

  • 【究極のプラス思考】を身につけるために、まずは自信を持つこと!

 

  • キツイ言葉を気にしないこと!(BGM感覚で聞き流す!)

 

  • 日常に軽い運動を取り入れること!(まずは休日の散歩など)

 

の3点です!

 

 

これらを意識することで、日々の中で感じるストレスの量も半減できると思いますし、

仕事の中で見えなかった部分も少しずつ見えてくると思います!

 

 

 

この記事が少しでもみなさんのお役に立てることを強く願っております。

 

 

最後まで駄文を読んでくださり、ありがとうございました!m(_ _)m

スポンサーリンク

 - 社会・経済 , ,