【けものフレンズ11話 考察】かばんちゃんの最後のセリフに涙…!

ケモノ

 

【けものフレンズ11話 考察】について書いていきます。

今回は非常にアツい展開で、かばんちゃんの最後のセリフには思わず涙してしまいました…。

 

これまで、けものフレンズの考察を色々としてきましたが、正直なところ11話に続く展開は予想しにくいものになってしまいました。

 

たつき監督のインタビューから、バッドエンドはないと考えられますが…。

11話の最後の終わりだけをみると、穏やかな気持ちにはなれないのが現状です。

 

最終話がどういう終わり方をするのかとても気になりますが、少し落ち着いて、11話の内容で明らかになった事実や伏線について、詳しく考察していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

セルリアンに捕食されると、どうなる?

 

引用:http://livedoor.blogimg.jp/webdata-anime_twitter/imgs/9/4/94c20b5c.jpg

 

 

かばん「そういえば、セルリアンに食べられたらどうなるのですか?

キンシコウ「死んでしまうというと、言いすぎかもしれませんが…。

サーバル「お話しできなくなるし、私たちのことも忘れちゃうもんね!

サーバル「でもなんで、セルリアンって、こっちに向かってくるんだろう?

キンシコウ「サンドスターを食べている、という話もありますね。

 

 

サーバルちゃんの発言から、セルリアンに捕食されると【それまでの記憶がなくなる、話ができなくなる】ことが分かります。

 

また、セルリアンがフレンズを襲う理由として、ここでは【サンドスターを食べるため】と表現されていましたが、アプリ版ではフレンズの【輝き(=特性や記憶)を奪うため】であるとされていましたね。

 

これらは恐らく同じ意味であると考えられます。

 

どのフレンズもフレンズ化する際にサンドスターの影響を受けていることから、フレンズからサンドスターの影響を奪ってしまえば、最悪の場合、元の動物の状態に戻ってしまうことになりかねないからです。

 

もしそうであれば、サーバルちゃんの言う「お話ができない、私たちのことを忘れる」というのも納得ができます。

 

ただ、ここでサーバルちゃんの発言に関して「あれ…?」と疑問に思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

それは、なぜサーバルちゃんは「セルリアンに襲われた後のこと」を知っていたのか。

 

過去にサーバルちゃんの知っているフレンズが襲われたのか?

それとも、自分がセルリアンに襲われたあと、他のフレンズからその経緯を聞かされたのか?

 

どちらにしても、最終話に繋がりそうな伏線ですね。

 

サンドスター・ローとは?

 

前回の第10話で「サンドスターには2種類あること」が明らかになりましたが、もう一方のサンドスターの名称は伏せられたままでした。

 

サンドスター・ローは通常のサンドスターとは違い、もう一方の名称でしょう。

 

ラッキービーストが「注意!」と警告を発したことから、悪い影響を与えるサンドスターであることは分かります。

物語がそこから少し進むと、サンドスター・ローは【黒いセルリアンを構成するサンドスター】であることが分かりますが、この物質があのサンドスターの山から通常のサンドスターと同時に噴出していることも判明します。

 

通常時は四神による「フィルター」によって、噴出が抑えられていたとのことでしたが…。

かばんちゃんたちが山頂についた時には、「フィルター」が機能していない状態にありました。

 

下の画像で黒いサンドスターがサンドスター・ロー

真ん中の円盤みたいのが「フィルター」です。

フィルター」が貼られていない部分から、サンドスター・ローが溢れているのがわかります。

 

 

 

 

11話での四神について

 

アプリ版では、フレンズ化された状態で登場しましたが、アニメでは4つの石版が四神と呼ばれておりました。

 

かばんちゃんたちは、四神を適切な位置に移動させ、「フィルター」を張ることに成功します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

黒いセルリアンについて

 

超巨大なセルリアンの正体。当初の考察版の意見では、「アプリ版のセルリアンクイーンでは?」という意見もあったが、見た目は他のセルリアンが超巨大したものでした。

 

 

 

黒いセルリアン」について明らかにされた特徴をまとめてみると、

 

・サンドスター・ローを吸収して巨大化すること

・太陽の方向に向かっているということ

・海を嫌がっていること

 

が挙げられておりました。

 

ここで、アプリとの関連情報を絡めていくとセルリアンの弱点が詳しくわかります。

アプリ版の最終話でセーバルがセルリアン女王に取り込まれた際に、セーバルを助けようとしたサーバルちゃんが【塩】を舐める場面があります。

 

すると…、セーバルちゃんの中に残っていた【輝き】が反応し、セーバルはセルリアン女王から独立することができます。(ここで仲間になります。)

 

結果的に【塩】か【輝き】のどちらが作用して独立できたかは謎でしたが、今回の海を嫌がるというのは【塩が弱点】であるとも考えられますね。

 

太陽の方向に向かっていることに関しては、【より強い輝きを取り入れようとしていることを意味しているのではないか?】と思えました。

 

 

 

パークの宝の正体とは?

 

こちらは、明らかになりましたね!

 

厄介なサンドスター・ローの噴出を抑えている四神の「フィルターそのもの」が「パークにとってのお宝」というオチでした。

 

当初の考察で【博士がかばんちゃんに渡した謎の箱】がお宝ではないか?と思い込んでいた私の考えは見事にハズレました(笑)

 

もっと正確に言えば、アプリ版でプレイヤーが持っていた【お守り】が箱の中に入っていると予想していたのですが、これも違いましたね。お恥ずかしいです…。

 

他の考察班の方々が予想されていた通り、【マッチ箱】で正解でしたね!

 

 

 

ラッキービーストの正体とは?

 

まさかの自己申告で分かりました。

そのまんま、【パークガイドロボット】でした。

 

えっ…?ちょっとまってよ!ボス、パークガイドのくせに、ゆきやまちほーで凍ってたじゃん!」とツッコミをいれたかったのですが、そこはサラリと流しておきましょう!

 

 

 

かばんちゃん、暫定パークガイドに?

 

ラッキービースト「大量のサンドスター・ローが放出されました。超大型セルリアンの出現が予想されます。パークの非常事態につき、お客様は直ちに避難して下さい。ここからの最短避難経路は日の出港になります。非常事態につきお客様は直ちに避難してください。

 

かばん「ラッキーさん、今はそんな場合じゃ…。

 

ラッキービースト「ダメです。お客様の安全を守るのがパークガイドロボットである僕の勤めです。直ちに非難して下さい。ここからの最短…

 

かばん「ラッキーさん。僕はお客さんじゃないよ。ここまで皆にすごくすごく助けてもらったんです。パークに何か起きているなら、皆のためにできることを、したい!

 

ラッキービースト「…わかったよ、かばん。危なくなったら必ず逃げてね。かばんを暫定パークガイドに設定、権限を付与。

 

 

この流れについて、アプリ版と少し似ているなぁ…と思いました。

 

アプリ版でプレイヤーはパークを救うのですが、その後プレイヤーは【パークの園長】になってパークの再開を手伝うという流れになって終了します。

 

もしかしたら、最終話でかばんちゃんはこのままパークのガイドとして、ジャパリパークに残る可能性が濃くなってきました。

 

お別れエンドに関しては、少し遠のいたかなぁと思えます。

 

 

かばんちゃんは過去にセルリアンに襲われていた説!

 

アライさんの「かばんさんも言ったそうなのだ!困難は群れで分け合えと。」という発言から急浮上しました。

 

これに対し、かばんちゃんは「えっ、ぼくそんなこと言ったっけ?」と返します。

 

もちろん、1話から11話までの間にかばんちゃんはそんなことを一度も言ったことはありません。しかし、アライさんとかばんちゃんのやり取りをその場で聞いていたフェネックはここに関して訂正をいれませんでした。

 

となると…、アライさんとフェネックは過去のかばんちゃんに会った事があるフレンズからこの話を聞いたのではないか…と考えられます。

 

もし、かばんちゃんがセルリアンに襲われて記憶をなくしていたとすると、その元の正体は一体誰なのでしょうか…?

 

そしてそのかばんちゃんの【輝き】を奪ったセルリアンが黒いセルリアンなのか、それともセルリアン女王なのかも気になるところですね。

 

最終話で回収されることを願いましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

筆者が最後に泣いた場面について

 

黒いセルリアンからかばんちゃんを守るために、身を挺して犠牲になったサーバルちゃん。

サーバルちゃんは黒いセルリアンに取り込まれてしまいます。

 

 

 

 

そして今度は、かばんちゃんがサーバルちゃんを助ける場面です。

 

近くにあった高い木の幹と自分の体をロープで固定するかばんちゃん。

サーバルちゃんから教えてもらった木登りで苦戦しながらも登りきります。

 

かばん「…うみゃっ…うみゃ…うみゃみゃみゃみゃみゃ、うみゃー!!

かばん「待ってて、サーバルちゃん!今行くから!

 

高い位置にある太い枝の上を走り、黒いセルリアンに飛び込みます。

 

セルリアンの体内からサーバルちゃんを救出したかばんちゃんは、サーバルちゃんに呼びかけますが反応はありません。

 

かばん「サーバルちゃん!サーバルちゃん!!

サーバル「…。

かばん「起きて、サーバルちゃん!逃げるよ!

 

セルリアンに目をつけられ、逃げられないと悟ったかばんちゃんは、セルリアンの注意をサーバルちゃんからそらすためにマッチを使い松明(たいまつ)に火をつけ、意を決したようにサーバルちゃんから静かに離れます。

 

ここらへんからが、もうヤバかったです…。

 

 

かばん「…サーバルちゃん。見るからにダメで…、なんで生まれたかも分からないぼくを受け入れてくれて…、ここまで見守ってくれて…。

 

かばん「…ありがとう。げんきでね。

 

 

 

 

………。

…(´;ω;`)ブワッ

 

…ムリでした。ここはもう耐えられませんでした。

嘘かと思われるかもしれませんが、この文章を書きながらまた泣きました。

 

 

これが11話の最後とはズルすぎます。

リアルタイムでこれを見ていた方は、なかなか眠れなかったことだろうと思います。

 

次の第12話が最終回ですが、もう本当に鬱エンドにならないことを願うばかりです。

 

 

そして、最後の最後。

PPP(ペパプ)予告では、そこにペパプの姿はなく、ラッキービーストの耳だけが映し出されていました。

そしてよく見てみれば、看板も薄汚れています。

 

 

 

 

このアニメは最終話に近づくにつれて思ったのですが、「引き」が非常にうまくなっていくんですよね。

今回の終わりの「引き」はもはや完璧だと思えるぐらいグッとくるものがありました。

 

 

もう、次回で終わってしまうと思うだけで若干の鬱ですが、ここまできたら何としても最後まで見届けたいと思います。

 

 

第12話、最終回の予想について

 

11話をみる前までは「パークからの脱出エンド」を考えていたのですが、見た後はその可能性が低いように思えてきてしまいました。

 

前述しましたが、ラッキービーストがかばんちゃんを「暫定パークガイド」に設定したことから、かばんちゃんはパークに残って再建のために頑張るのではないかと予想しました。

 

11話の続きの展開としては、個人的な希望として「今まで関わってきたフレンズたちの皆がかばんちゃん救出のために集結し、黒いセルリアンに立ち向かう」という展開だったら、かなり泣けますね。

 

正直なところ、最終回を今すぐみたいという気持ちが半分で、終わることを考えたくないので見たくないという気持ちが半分ある複雑な心境ですが、僕は何があっても見るべきだと思いました。

 

120%の確率でケモフレ難民になりますが、つらい気持ちも嬉しい気持ちも皆さんと少しでも分け合えたらなぁ…と思います。

 

最終回、期待しましょう!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

コメント

  1. 君はサティスファクションゴリラのフレンズなんだね! より:

    俺も脱出エンドかと思ってましたが、他の人と出会うとかは2期で、とか(希望的観測)
    オープニングでみんなが持ってるロープがやっぱり最終回のキーアイテムになるのでは

    ここからフレンズの光が集まってグリッターかばんちゃんか黄金騎士かばんちゃんになってもそれはそれで熱い
    こんな終盤にすごい展開くると思わなかったなぁ…

    • センスが皆無な人 より:

      コメントありがとうございます!

      おぉ、なるほど!
      オープニングで出てきたロープは確かに気になりますね…。
      あと、海辺で夕焼け空を眺めながら、かばんちゃんが木の板(?)、ラッキービーストがロープを持っていたのも少し引っかかっています。

      グリッターかばんちゃんと黄金騎士かばんちゃんはアナザーストーリーとして、ぜひ見てみたいですね(笑)
      もしやるんでしたら、また考察したいと思います!

      最終話に期待しましょう!

  2. こんす より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    にわか考察なのですが、かばんちゃんはミライさんの子孫、または娘であるという可能性はないでしょうか?
    フレンズの「最後にヒトを港でみた」「でも大分前の話」という発言からです。

    過去にミライさんとサーバルちゃんが力を合わせ黒セルリアンを倒す
    →その際にサーバルちゃんはセルリアンにやられ記憶をなくす(または何世代かフレンズ化を繰り返し記憶をなくす)
    →ミライさんは黒セルリアンを倒したあと港から避難
    →時が経ち、人が調査に来る。そのなかにミライさんの子孫のかばんちゃんも同行。
    →しかし火口が爆発してしまい、飛行機が墜落しかばんちゃんは死んでしまいフレンズ化
    という流れです。

    ミライさんがパークから避難した理由は、火口のなかに不発弾のようなものがあったからではないでしょうか。それで完全退去が決まり爆発するかもわからないのに「完全退去は大袈裟ですよね」というミライさんの発言に繋がります。
    そして時がたち爆発し、その時にサンドスターが大量に噴き出した、ということなのでは…

    ただこれだとアライさんの「かばんさんも言ってた」という「困難は群れで分けあえ」という発言や、

    • センスが皆無な人 より:

      嬉しいコメントありがとうございます!!

      なるほど…、確かにその可能性も考えられますね!
      ご指摘してくださった通り、「最後に人を見たのは港だけれども、それはだいぶ前の話」という発言から、時間が経過しているのが伺えますからね。

      ただ、そうするとネックになってきてしまうのが、アライさんの発言ですよね…。これに関しては、過去にパークの困難に立ち向かったあと、セルリアンに襲われて記憶をなくしているのではないかと考えております。

      話は変わりますが、この記事では触れていなかった【不発弾みたいなもの】と【飛行機】に着目されて、物語と結びつけた考察力はすごいですね!!
      私はすっかり見落としておりました…(^_^;)

      【完全退去】の理由としては、不発弾が見つかった、もしくは山が噴火する恐れが出てきたから、のどちらとも考えられますね。

      また、かばんちゃんたちが山の頂上に着いたとき、【5合目】と書かれた標識があったことから、過去に山が噴火していた可能性は高いですね。

  3. にわかふぁん より:

    凍ってたボスは寒冷地仕様じゃなかったからじゃないでしょうか。